お知らせ 

中小企業改善支援 ミラサポ 専門家派遣支援再開
ミラサポ専門家派遣システムは、7月4日から再稼働 3回まで無料と
再生可能エネ(FIT)平成27年度賦課金倍増1.58円/KWhへ
H27年5月から昨年度の2倍以上となり、大きな負担増に。
素形材産業・自動車産業他取引ガイドライン2015年3月改定公開
4月3日 取引きガイドライン改定版公開。電力コストは製造工場使用電力会社のトータル価格適用、購入資材は市中価格適用など、従来問題となっていた定義が明確化され利用しやすくなりました。
H26補正「ものづくり・商業・サービス革新補助金」公募2015/2/13開始
岡山中央会説明サイトと、岡山中央会の説明資料
中国電力の電力単価推移例データ・グラフ公開
日本鋳造協会中四国支部に特別高圧の最近5年間の燃調費・再生エネ推移公開

岡山組合関連のお知らせ

組合H28年度の主な行事予定

●2017/2/17(金)組合改善研修会成果発表会
●2017/1/28(土)組合賀詞交歓会
●2016/11/16(水)日本鋳造協会中国四国支部講演会・懇親会(広島)
●2016/10/14(金)-15(土) 組合研修旅行(佐賀・長崎県)
2016/7/15 改善研修会・ビール会(ピュアリティまきび)
13:00-17:30 経営改善研修会 (対象:組合員企業) 
     経営と現場改善の考え方と進め方
     講師  仲田 文猛 様
     
18:00-20:00 ビール会(組合員&賛助会員)
経営改善研修会:
 本組合では初めての企業改善の進め方に関する、実践前提の研修を行いました。ほぼ5時間のハードな研修でしたが、20名の参加者が、仲田先生の軽妙なお話に引き込まれて、真剣に聞き入り、最後には来年2月17日の改善発表会へ向けての決意を表明。組合員各位の社内改善取組みのスタートとなることが期待されます。
20160715_kensyu_1   20160715_kensyu_2  
ビール会:
 約12名がビール会から参加され32名の暑気払い。仲田先生を含め全員で異様?!に盛り上がりました。
20160715_beer
 中締めの武田副理事長の挨拶では「適者生存とは、環境に適用できたのが生存すると言われてるが、最近は、運よく生き残ったのが適者なのだと。皆の幸運を祈ると!」
●2016/6/11(土)たたら会(組合懇親ゴルフ) たけべの森ゴルフクラブ
 6月の梅雨の薄い雲で最高のゴルフ日和の中で、6組24名、3組ずつ10時にOutとInスタートにより、盛大に開催されました。
 日頃の仕事の憂さも忘れて、コースとクラブとゴルフボールと格闘、三村ゴルフ委員長の独断でいつもより一つバックティーに近いレギュラーティー使用とあって、日頃の実力よりは各ホール平均40ヤード?は長くなったせいか、よりたくさん打てる?楽しいゴルフができましたようでした。
 20160611_takebe

●2016/5/28(土) 理事会・総会・懇親会 ピュアリティまきび
 15:00-17:00 理事会
 17:00-17:30 総会
 17:00-19:00 懇親会
  ・総会では2015年度事業計画・決算、2016年度事業計画・予算が承認されました。新年度から収支バランス型組合運営へ移行すること、及び組合員相互工場見学終了したことからフォローアップを行う改善研修を行うこととなりました
  ・懇親会では、三菱自工の4月末からの軽自動車販売停止をめぐる県内の動き他、多くの情報交換がされて盛況でした。
<懇親会参加メンバー>
  20160528_soukai

●2016/4/21(木) 役員会議 メルパルク岡山
  15:00-17:00 決算役員会
  17:00-19:00 懇親会

組合H27年度の主な行事

●2016/3/16(月)組合員企業見学会(県北)
組合員企業見学会シリーズの最後となった津山の3組合員を訪問見学させていただきました。年度末のご多忙中にもかかわらず20名の参加で盛会でした。

宮本鋳造様では、生砂使用したF2とくろがね造型機による土間込めとキュポラ溶解法による鋳造を見学。
20160316_miyamoto.jpg(410363 byte)

岸本鉄工所様では、硬化樹脂利用の大型造型と生砂による水平割抜枠造型機FDNXによる造型と電気炉溶解と、鋳造の新技術開発、鋳型製作、機械加工を見学。
20160316_kishimoto.jpg(341999 byte)

光岡製作所様では、光岡社長のご挨拶と光岡専務の会社紹介後、フラン造型と電気炉溶解による鋳物製造を見学。

その後、今回の津山地区見学全体の質疑では、岸本さんと光岡さんのパネルディスカッションとなり、独自技術、新技術開発、会社の特徴などについて、多くの方が質問され活発な応答がありました。
製品分野の多角化による経営の安定化や、他社ではできない製品を持つことなど参考になりました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
岡山では人手不足は深刻化していることが共通課題として認識されました。
20160316_mitsuoka_1.jpg(121230 byte)

20160316_mitsuoka_2.jpg(404610 byte)

昼食会場の津山鶴山ホテルには、3月らしくひな飾りがありました。
20160316_tsuyama_hinakazari.jpg(255300 byte)
 
 
●2016/1/23 組合賀詞交歓会 メルパルク岡山
15:00-17:30 理事会 来年度運営方針他
17:30-18:00 臨時総会 第4四半期賦課金に関する件 可決
18:00-20:00 賀詞交換会
 折からの大寒波にも関わらず45名もの参加を戴き、盛会でした。
20160123_gashi
鋳造を支援する議員連盟会員の衆議院逢沢一郎様よりお祝いの電報を戴きました。
●2015/11/18(木)日本鋳造協会中国四国支部 講演会・懇親会
岡山開催となります。
●2015/11/13(金)-14(土) 組合研修旅行(兵庫県)(1泊旅行)
 21名参加。
 金曜日は、虹技株式会社様の西工場で午前中に生型でのマンホール鋳物・午後は東工場で大物鋳物・連続鋳造(デンスバー)を見学。  (午後は川口鋳物組合の鋳物研究会との合同見学)
 いずれも岡山では手がけていないものばかりで、驚くことばかりでした。見学を許可頂いた虹技様に深く感謝申し上げます。


 宿泊場所の淡路島のウェスティンホテルに到着した時は、既にとっぷりと暮れておりました。
 翌日は、雨模様の強風の中朝8時40分出発。  北淡震災記念公園では1mの隆起と1.2mの横ずれの野島断層を見学。隣りでは大型風車が折からの強風の中で力強く発電していました。
 大塚国際美術館では、膨大なヨーロッパ文化を体験でき、昼食後に、大潮での鳴門の渦潮を真上の橋から見学。
 皆様のご協力で、充実した2日間を過ごすことができました。


●2015/7/27(月)理事会・講演会&懇親会<メルパルク>
14:30-15:30 役員会
15:40-18:20 講演会(マイナンバー概要、AFF報告、アジア鋳造情報交換)
 ・マイナンバー概要は、内閣府ビデオで、今年10月からマイナンバー交付準備のため情報管理体制と設備対応の必要性学習。

 ・アジア経済状況情報交換会では、5月東京開催のAFF(アジア・ファウンドリ・フォーラム アジア鋳造会議)の概況報告、GIFAへの出展報告、中国・韓国・タイ・ベトナム・インドなどの鋳造関係情報が、組合員・賛助会員から報告されました。

 特に、中国や韓国の景況悪化は、昨年初めから顕著になってきたとの話など、大変参考になりました。

 予定時間を大幅に過ぎましたが、重要な内容が多く、真剣に聞き入っていました。報告戴いた皆様には、深く感謝申し上げます。

18:20-20:20 懇親会
20150727_1a 20150727_2a
         ※講演会・懇親会は賛助会員も参加いただきました。
●2015/06/06(土) 「たたら会」
吉備カントリー倶楽部 午前9:35集合 たたら会案内
 当日は、晴れの国岡山か伝統の晴れ男参加のお陰か、前日の雨で洗われたさわやかな新緑と快晴の中で27名の参加者が、日ごろ鍛えた腕や、新たにゴルフに挑戦する方など、和やかにゴルフを楽しむことができました。
 段取りや運営にご協力戴いた幹事の方々、参加いただいた皆様に感謝申し上げます。
 20150606_tatarakai1  20150606_tatarakai2

●2015/05/23 組合定期総会等
定期総会 14:00-14:45 場所 シティホテル桑田町
 1.H26年度事業報告・決算が承認されました
 2.H27年度事業計画・予算が承認されました
  ・たたら会、研修見学旅行(兵庫県)、組合員企業見学(県北)、他定例行事
  ・協力 日本鋳造協会中国四国支部事業と支部実施の初級技術教育
 3.役員改選 全役員の留任承認されました

組合員の企業経営者交流会  14:45-17:30  同上
 1.マイナンバー制度概要紹介
 2.日本鋳造協会 再生エネ・エネルギーコスト問題取組状況
 3.H27年4月改定素形材産業取引ガイドラインのポイント紹介
 4.日本鋳造協会中国四国支部の初級技術教育検討状況
 5.2016WFC名古屋で鋳造協会ブース設定紹介
 6.出席組合員の近況紹介と討議

懇親会 18:00-20:00 メルパルク岡山
 理事長挨拶、三村監事(たたら会幹事長)乾杯、武田副理事長中締め
  <懇親会参加の皆様の記念写真>
 

●2015/04/25 組合理事会・懇親会
15:00-19:00 メルパルク岡山  H26年度事業報告・決算、H27年度事業計画・予算、その他の検討を行った

組合H26年度の主な行事

●2015/02/20
日本鋳造工学会地方研究発表会・見学会が、三井ミーハナイト玉野工場で開催
●2015/03/11
組合員企業見学会午後開催
●2015/1/24 組合理事会・経営交流会(第3回)・臨時総会・賀詞交歓会
15時からメルパルク岡山で開催されました。
 ・理事会では、研修計画、年度決算予想等を審議。
 ・経営交流会では、組合員各社の経営問題を報告、電力費や人手不足など問題抽出
 ・臨時総会では、4Q賦課金徴収関連決議が承認されました。
 ・18時からの賀詞交歓会は、新規賛助会員や法人成りした賛助会員など、50名弱の参加で盛会でした。
  秋岡副理事長が乾杯の挨拶で、鋳造協会若手経営者委員会の活動近況や全国大会開催案内等を行いました。
 20150124gashi_01
●2014/11/7 組合研修旅行 福島
 秋の研修旅行で、福島県へ。日本鋳造協会でお世話になっている酒井前副会長のキャスト様他を見学。
 岡山から福島へは、東海道新幹線と東北新幹線の乗継で、新白河から更にバスで秋深いなだらかな丘陵地帯を南下。ほとんどの人が福島県は初めてです。もはやほとんど残っていないかに見える3.11大震災の爪痕ですが、バスガイドさんから震災当時の話や福島原発関連で避難を余儀なくされている方々の話などを聞き、改めて防災の重要さを感じました。
 キャスト様では、皆様から大歓迎をいただきました。フランの工場ですが、随所に素晴らしい工夫がなされて、学ぶべきところが沢山!
 温かく迎えてくださった皆様、ありがとうございました。 20141107fukushima_cast  もう一カ所の工場見学を済ませ、バスで北上し、宿の会津東山温泉御宿東鳳 へ

 翌日は、大河ドラマ「八重の桜」で有名になった幕末の会津藩のお城や白虎隊自刃史跡、火山噴火でできた猪苗代湖や野口英世記念館などを見学。日本が火山列島であり、巨大火山の近くに大きな都市がある事も実感。
 会津側からみた明治維新は、西日本から見える日本史とは別の景色があり、人材育成に貢献したことなど興味深いものでした。激動の日本を支えた多くの先人の努力を改めて感じることができました。

●2014/08/23(土)組合員経営交流会(第2回)
・理事会・経営交流会をサンピーチで開催
・懇親会を喜和味 はぎ別館で開催しました。
●2014/06/07(土) 「たたら会」
 山陽ゴルフ倶楽部 午前8:10集合 
23名の参加を得て、新緑の美しいコースで梅雨の間の涼しく気持ちよいゴルフができました。
●2014/05/24(土) 組合定期総会・組合員経営交流会・情報交換会
    ピュアリティまきび
 14:00-14:30 定期総会
  H25年度事業報告・決算報告・H26年度事業計画と予算承認されました。
  組合員ヒラキンテックの鋳造事業撤退による組合任意脱退と大部理事の退任が承認されました。大部理事のこれまでの組合事業への多大なご貢献に感謝申し上げます。
 14:30-17:30 組合員経営交流会
  今回初の試みとして各社の歴史や経営を語り合いました。
 18:00-20:00 情報交歓会
●2014/04/24(土) 15:00- 組合理事会 メルパルク
 総会議題審議し了承。定期総会後、当組合初の組合員経営交流会を開催決定。

組合H25年度の主な行事

2014/03/11 組合員見学会実施報告
 2013年度の組合最後の行事として、ナカシマプロペラ様玉島工場と、組合員のアキオカ様の工場見学を行いました。幸い快晴となり、23名の参加を得て得るところの多い見学会となりました。
 ナカシマプロペラ玉島工場は、世界でもトップクラスの巨大プロペラ生産工場。玉島の埋立臨海地区にあり巨大な製品を船に運ぶことができます。説明のビデオを見た後で工場を見学。あまりに巨大なプロペラは、船毎に新しく設計されることが多いとのこと。見学後出荷直前の巨大製品を背景に記念写真を撮りました。質疑応答では多くの質問が出て時間オーバーするほどでした。
 

 アキオカは、銑鉄鋳物生産しており、会社概要、シェル中子生産や、生型2ラインとフランでの鋳物生産と、東アジアからの鋳物輸入を行っていること、建機関係が多いということなどの説明の後、工場を見学。質疑応答では、検査や設計面などで新しい試みをいろいろと行っていることや設備更新を行って成功したことなどについて多くの質問がありました。
 

  改めて、貴重な見学をさせていただいた両社に感謝申し上げます。
当組合の理事会・臨時総会・賀詞交歓会開催されました。
 2014/1/25(土)に、まきび会館で開催されました。
 理事会では、今年度の予算執行状況・3月の研修会企画・来年度事業方針が検討されました。
 臨時総会では、第4四半期の賦課金徴収見送りが決議されました。
 賀詞交歓会では50名強の参加で、最近になく盛会でした。まだ景気が良くなった実感はないとのことですが、アベノミクス効果などで為替が円安になったことなど、先行きに明るい兆しを感じている鋳造関係を象徴していると感じました。
 また衆議院議員の逢沢様、山下様からお祝いのお手紙をいただきました。
 参加いただきました皆様に感謝申し上げます。

●日経に当組合員の記事掲載
 2014/1/23日経に当組合役員岡崎浩さんとの交友を書いた萩原工業社長萩原邦明氏による「岡山の臥龍(記事写真)」掲載されました。著名全国紙の有名コラムということもあり、いろいろなところで話題になっています。当組合の役員会でも、記事にあるとおりの論客で役員会の議論の活性化に貢献されています。
組合賀詞交歓会のお知らせ
2014/01/25(土)18:00-20:00 「ピュアリティまきび」
●2013/11/1-2 組合秋の見学旅行 熊本県
 岡山県鋳造工業協同組合の工場見学で、11月1日に熊本県を訪問しました。
 朝早く岡山駅から新幹線で、さくらに乗車し熊本へ。指定席は4列でグリーン車並みの豪華さ。
 熊本駅からバスに乗り、午前の時間を利用して熊本城見学。
 その壮大な規模に驚きました。岡山のお城よりはるかに巨大な外堀の大きさ・広さや、お城自体も大きく、観光用に見せる施設も充実している。九州に対する見方を一新するものでした。
 昼食は、見学したばかりの熊本城を真ん前に見る城見櫓さんの6階で戴きました。この部屋が取れたのはラッキーということらしいです。

 気持ちを入れ替えて、午後からは熊本県の鋳造工場の見学です。
 武山鋳造様、中央可鍛工業様、エイティー九州様を見学させていただくことができました。
 武山鋳造様では品質向上活動などを、中央可鍛様にはトヨタ流生産管理やモノの置き場管理などを、エイティー九州様には、世界最新の鋳造設備による量産鋳物作りの現場を教えていただきました。
 愛知県からの工場進出ということで、毎日トラックで愛知県の顧客への出荷だったそうですが、最近は九州地区への巨大自動車生産工場進出があり、九州地区への出荷を増やす方向とのことです。
 3工場見学が終わったのは夕方6時で、11月の日も暮れて外は真っ暗!でした。
 見学させていただきました、各社の皆さまに感謝申し上げます。
 < 会社説明に聞き入る見学者 >  

 菊池温泉に一泊し、翌土曜日は、国指定重要文化財の八千代座見学後、柳川市のお城の外堀?利用の水路の川下りで船頭さんの竿で進む和船での1時間ののどかなひと時を過ごし、昼食は柳川藩主立花邸を利用した 御花 という記念館で名物のうなぎのせいろ蒸しを戴きました。それぞれが、歴史的な建築・土木の大規模な遺構を利用した素晴らしい施設で、九州再発見の旅となりました。

 かつては陸軍の大飛行場だったことを記念してできた大刀洗の平和記念館では、襟を正して、特攻で旅立った若人の記念品や、大空襲による犠牲者追悼の映画を見ることができました。

 福岡駅へ向かうバス中では、今回の参加者のご厚意で泉谷 渉氏の米国のシェールガス革命関連の講演(第118回 2013年 夏期 全国経営者大会 2012/07/11 分科会)ビデオを上映。みなさんのゆったりした顔つきが一変し、世界を変える200年に一度級の大きなエネルギーソースの変化とその影響の話しに聞き入りました。

 福岡駅は、巨大な駅ビルと大勢の人で集合場所が解らなくなり迷子になる人も出てきたりして、九州のにぎわいを改めて感じる機会になりました。
 福岡駅からは、あっという間に岡山へ。
 22名の参加者、それぞれに意義を感じていただけた見学旅行になりました。
●2013/08/24(土)
午後ピュアリティまきびにて、組合理事会、交歓会を開催しました。
●2013/06/01(土)第12回たたら会(吉備カントリー 8時10分集合)
幸い、好天に恵まれ6組24名の参加で盛会でした。幹事の方、参加者の皆様に感謝申し上げます。改めて、スポーツの素晴らしさを感じることができました。
 
●2013/05/25(土)組合総会・理事会・情報交換会
 (ピュアリティまきび 15:00-19:00)
・総会
  1.H24年度事業報告・決算承認されました
  2.H25年度事業計画・予算承認されました
  3.役員改選(役員の変化:光岡副理事長勇退、秋岡監事→理事、黒川監事(新任))
・理事会 役員体制分掌決定
・厚生労働省の就職支援制度(ジョブカード・キャリアアップ制度など)の説明会
・情報交換会
 40名弱の参加者を得て、微妙な景況情勢の中で、盛会のうちに有益な情報交換の場となることができました。
●2013/04/25(土)第1回組合理事会(ピュアリティまきび 15:00-17:00)
H24年度事業報告・決算案・H25年度事業計画・予算案審議
 

組合H24年度の主な行事

●2013/03/20 組合見学会 武田鋳造本社工場(中島・福井製造課)
 23名参加。武田鋳造の5S活動・改善活動の実績紹介の後、各製造課見学。
 知恵を使った自社設計製作の、「インバータ化による省エネ」や「冷却水の水質改善」、「鋳造品質改善対策」などの改善事例の数々や、素晴らしい5Sの成果が、参加者に感銘を与えた。
 鋳造の製造の現場で応用できる内容が豊富にありました。貴重な改善の種を公開し、見学を受け入れてくださった武田鋳造様と参加いただいた皆様に感謝申し上げます。
   
 
●平成24年度若手経営者全国大会(冬季)開催のご案内
2013年2月21日(木)~22日(金) 北関東地区(栃木県、茨城県)開催
組合理事会・臨時総会・賀詞交歓会
2013/01/26(土)
 15:00-17:00 理事会  (シティホテル桑田町)
 17:30-18:00 臨時総会 (ピュアリティまきび) ※4Q賦課金の見直しの件
 18:00-20:00 賀詞交換会(ピュアリティまきび)
 50数名の参加を得て盛会でした。また、衆議院議員の逢沢一郎様、前知事の石井正弘様のご挨拶もありました。最近の状況などのお話を頂きました各位はじめ、参加いただいた皆様のご協力に感謝申し上げます。また、当日結婚式の後に2次会会場へ参加いただいた賛助会員と新婦様にも感謝とご多幸をお祈り申し上げます。
   
●中四国鋳造組合合同忘年会(福山開催)
平成24年12月19日(水)18:30-  福山ニューキャッスルホテル  
 中四国の5組合と6県からの参加で盛会でした。また、席上で日本鋳造協会中国四国支部設立すべきとの宣言が満場一致で採択されました。協会支部は、すでに東海と北陸で設立されており、中四国でできますと、3つ目の支部となります。
 
●組合青年部 福山と交流会実施しました
平成24年11月27日、福山の鋳友会と岡山鋳友会の交流会が岡山で初開催されました。アサゴエ工業本社工場見学後、市内で懇親会開催。総勢26名参加で、意義ある交流ができました。
●秋の県外企業見学
平成24年11月9日(金)-10日(土) 19名参加で、愛知県の半田キャスティング様、新東工業(豊川工場)様を研修見学後、浜名湖畔の舘山寺に宿泊し、翌日はトヨタミュージアム・熱田神宮・リニア鉄道館を見学。晴天で充実した内容になりました。見学させていただいた各社様、企画・運営・参加くださった各位に感謝申し上げます。見学報告
  
●懇親ゴルフ
平成24年10月20日(土) 帯江G 4組16名参加。快晴で盛会でした。
●三重組合青年部来岡(岡山鋳友会三重訪問の答礼)
平成24年9月8日(土)-9日(日) 工場見学・懇親会・翌日の岡山の各地見学瀬戸内海の体験などで、有意義な交流ができました。参加してくださった皆様、ありがとうございました。
●組合理事会・講演会・情報交換交流会
平成24年8月25日(土) 於 ピュアリティまきび
 14:00-15:30 理事会
 15:30-17:30 講演会
   「企業と予防法務」「期間雇用者の労務管理と改正労働契約法」
    太陽綜合法律事務所 近藤弦之介弁護士
 18:00-19:00 情報交換交流会
 近藤先生のご講演は、改正労働契約法に関するもので、ほとんどの方が初めて聞く内容であり、企業活動へ大きな影響を持つ問題であることを認識できました。その内容につき、一部を当組合のHPのサブページを作成しましたので上記リンクよりご利用ください。
●県内高校と当組合・中央会の交流会開催
平成24年8月24日(金)13:30-15:00 (於:中央会)
 中央会支援の製造業紹介パンフレット「鋳」作成を機に、県内高校等と組合との交流を図るテストケースとして今回初めて実施されました。学校側からは18名の方が参加され、組合・鋳物関連業から5名参加し、中央会の司会で、活発な交流ができました。
  
 終わってみると、なぜ今までこのような会合がなかったのか不思議に思えるほど、交流の成果を感じられた内容でした。県内高校では、鋳造技能士3級の資格取得も積極的で毎年40名強の方が取得しているとのことでした。
 終了後、組合員の鋳造工場を視察していただきました。鋳造の現場を見るのは初めてという方も多く、意義ある見学となりました。
●岡山鋳友会 三重組合青年部を訪問交流
平成24年7月27日(金)-28日(土)に三重訪問。 
 9月以降の三重組合青年部の来岡も予定されています。
●組合理事会開催
平成24年7月27日(金) 13:00- 於 武田鋳造会議室 
 H24年度の懸案検討(秋の研修、組合員工場見学、作成小冊子の今後の活用方針、組合の契約関係、教育訓練部会の運営状況報告、8月恒例行事計画、業界を取り巻く状況と運営方針、他)。
●組合定期総会
平成24年5月26日(土) 於)ピュアリティまきび
 15:30-18:00 総会
 18:00-20:00 情報交換会・懇親会
 総会では、予定の議案が全て承認されました。総会の意見交換では、最近の経済情勢、ユーザー業界の動向についてこれまでに無く真剣な意見交換がありました。
 世界の中の日本と、日本が今置かれている状況の深刻さを正面から見据えて、企業経営のあり方を考えることが必要だ。従来の延長線で明日もまたやってくるという平和な時代ではなくなったと。時代の変化に対応するために、理事会の開催を従来以上に行うこととなりました。
 総会後、37名の参加を得て情報交換・懇親会が開催されました。参加いただいた皆様に感謝申し上げます。  
●組合理事会開催
平成24年4月25日(火) 13:30- 於 武田鋳造会議室 
 H23年度事業報告案・H24年度計画案、組合の教育訓練部会設置と教育訓練の計画や実施、組合事務所移転計画等が承認されました。

教育訓練部会(渡邉部会長)からのお知らせ

●H25年2月で、当面の組合主催教育訓練を終了しました。
 昨年5月から10か月にわたる教育訓練にご協力いただいた多くの皆様に感謝申し上げます。おかげで、当県の鋳造関係者の技術向上と、景況の急激な悪化による危機乗り切りに大いに貢献することができました。
●教育訓練風景例 2012/7/3 簿記の基礎
 p7030572.jpg(285226 byte) 
 小川洋公認会計士事務所所属の公認会計士・税理士である中西崇陽先生に、社会人必須の教養で現場改善の基礎知識でもある簿記の基礎を、全くの初心者にもわかるように、簡潔かつイメージが涌くように、教えて頂きました。
 今回の組合の教育訓練シリーズでは、多くの方に講師を引き受けていただき、現場の人へのわかりやすい教育をしていただいております。改めて感謝申し上げます。
●実施状況と実施予定。
 7月は県南地区5回、県北地区2回実施予定。8月は県南地区3回予定。
  ※夏季電力カレンダー対応による教育曜日変更と、会場の予定と変更、駐車場の有無や交通機関状況等にご注意ください。
 5月は3回実施。6月は4回実施。
●受講のご希望などのお問い合わせは組合事務局へ。
 実施計画は組合事務局から組合員・賛助会員へご連絡します。
●H24年4月25日部会発足、組合員のニーズ対応で企画実施予定。
  当面の企画は、雇用調整助成金対象となりうる教育とする。
 対象者は組合員・組合の賛助会員・組合員の減産で影響を受ける会社の人とする。

経営改善委員会より今年の活動方針

●H23年度以降は、組合員企業の相互研修を行なうことになりました。
 2011年3月に実施したような方法で、現場や経営を相互に学ぶ研修を実施する方針。
●組合広報活動として、電子メール版組合ニュース発行中。
 2008年3月に発行開始し、2012年4月には518号になり、今年も継続中です。
 組合員の事業に関係する幅広い内外の記事や情報をタイムリーに発信しています。内容によっては、鋳造協会関係者や全国組合事務局へも配信しています。
 お知らせしたい内容がありましたら、組合事務局までご連絡ください。
●コストを世界や日本のレベルと比較、課題を明確化。
 勉強会を企画予定。
日本と東アジアの動向を直視し、対応策を考えよう。
●経理スキルを身につける。
 組合では中小企業向きのわかりやすい経理ソフトとして安価な「わくわく財務会計2スタンダード」使用し、その使いやすさの経験から利用を推奨しています。
 経営者として必須の会計知識習得や簿記の勉強にも最適です。
 経理ソフトでは、費用ごとに月次・四半期次・年次の比較ができます。
 個人の月々の出費をつける家計簿と車や持ち家や預金残高など資産管理用に、本格的な経理ソフトを使うと、会計の基本知識が自然に身につくことを実感できます。これが経営判断にそのまま使えます。1石3鳥!
(※ネット購入だと1万円程度でメンテナンス費用不要のため、数年で見ると圧倒的にコスト優位性があります。また、個人や家族にも使えるのでネット利用の方式より便利。)
●組合顧問弁護士の活用推進(予防法務の推進)。
 組合員は、法律問題の相談が、電話や面談程度ならば無料でできます。
 既に当組合事務局や、多くの組合員も利用し成果をあげています。
 法律問題は、問題が起こる前に予防的に検討することが最も効果があります。ほとんどの問題は事前に電話で相談することで予防できます。予防法務といって、弁護士や社会保険労務士や税理士との相談は、問題がありそうな場合に事前に行うことが大切です。

岡山の鋳物:古代鉄作りの伝統と近代の鋳造と加工の融合

 岡山は、瀬戸内に位置し、地震や災害の少ないことから古代より豊かな文明が発達してきました。銘刀備前長船は、古代からの鉄作りの伝統の岡山のシンボルです!。
  現在の岡山は、中国四国の交通の十字路という要衝にあり、山陽新幹線は全てが停車し、高速自動車道や岡山国際空港など交通運送面でも恵まれています。
 岡山の鋳造業は、岡山の農機具、水島の自動車、玉野の造船、三原の紙・印刷機や鉄道のブレーキ産業を背景に発達し、最近では産業機械・建設機械などいろいろな分野の鋳物を製造し、全国トップ10に入る生産量になっています。
 造船用の20トンを超す超大物から0.3k程度の小物までカバーでき、金属加工業も多く素材と加工を含めた対応が可能です。高い品質の鋳物を作ることにより、岡山の鋳物はお客様から高く評価され全国の工場で加工組立完成された鋳造製品は世界のお客様に使われています。

組合概要

組合名岡山県鋳造工業協同組合
〒700-0955 岡山市南区万倍78-4 オフィスITOH203
Tel 086-250-3163 Fax 086-250-3183
事務局河口 吟一
Mailmail
資格事業銑鉄鋳物業
参加団体一般社団法人日本鋳造協会岡山県中小企業団体中央会
岡山県産業振興財団
組合役員(H25年度)
 理事長藤原愼二
 副理事長武田真一 秋岡義典
 理事 荒木正裕 渡邊康道 倉谷純夫 岡崎 浩
  河口吟一(組合事務局)
 監事 三村正太郎、黒川昌弘

組合員のご紹介

(株)アキオカ713-8103  倉敷市玉島乙島8252-35
アサゴエ工業(株)701-0206  岡山市南区箕島557-4
(株)イノテック701-2142  岡山市北区玉柏570-1
岡山鋳物(株)702-8002  岡山市中区桑野518-14
加藤鋳造(有)710-0042  倉敷市二日市22
(株)岸本鉄工所708-0872  津山市平福492
クラシキ機工(株)714-1215  岡山県小田郡矢掛町中141-1
(株)倉谷鋳造所702-8002  岡山市中区桑野518-12
(株)黒川鋳造所713-8123  倉敷市玉島柏島767
武田鋳造(株)710-0803  倉敷市中島1001
双葉金属(株)710-0036  倉敷市粒浦465
富士鋳造(有)702-8002  岡山市中区桑野518-14
(株)光岡製作所708-0857  津山市福力16
(株)三村鋳造所713-8103  倉敷市玉島乙島273-5
(有)宮本鋳造708-0874  津山市種335-3

リンクマップ

中小企業金融支援策一覧

●2014年に地域で活用できる予定の予算 まとめ
今後法律制定されたら使える施策一覧(経産省まとめ 2013/12現在)。
●2013/05/20協会通知の中小企業庁施策案内
H25年度補助金一覧1M
H24年度補助金一覧3M
主な補助金の公募スケジュール
平成24年度補正予算「円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業費補助金」の公募について
平成25年度戦略的基盤技術高度化支援事業に係る 事前説明会及び相談会の開催
●円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業費補助金(経済産業省HP
※当事業の事務局である野村総研HP
創業補助金(地域需要創造型等起業・創業促進事業)(岡山県産業振興財団)
 
地域経済活性化支援機構法案の概要
認定支援機関による経営改善計画策定支援
中小企業再生支援協議会の機能強化
外部専門家の支援を受けた経営の立て直しを支援
経営支援とあわせたセーフティネット貸付による資金繰り支援
中小企業庁 平成24年度中小企業施策利用ガイドブック
中小機構 中小企業庁所管諸施策リンク集充実

鋳造業に関する経済産業省の政策・調査研究論文の紹介

基本法である下請法と、素形材産業室の産業政策方針である素形材産業ビジョンと、下請法解釈例集としての素形材産業取引ガイドラインのご紹介。

下請取引の基本法。

下請法(下請代金支払遅延防止法)
平成26年度下請取引適正化推進講習会テキスト(平成26年11月版)

素形材産業取引ガイドライン(2014/03/20改訂版)
 2014年3月の改定は策定委員会を結成、素形材室が事務局を担当し、現状の取引実態調査を踏まえ鋳造業の中小零細企業が利用しやすくするために大きく改定されました。
 経済産業省中小企業庁サイトに素形材産業を含め16業種のガイドラインが掲載されています。
新素形材産業ビジョン(2013/04)・・ PDF125頁9M容量大に注意
新素形材産業ビジョン説明会案内(東京:2013/05/20・大阪:05/23)
素形材産業ビジョン(2006/06)と追補版(2010)・・
ビジョン検討の意味
 国の産業政策の基本方針作りとその基礎データ。
企業単位で実施しようとすると、千万円単位で費用のかかる、基礎的な産業状況調査データがある。
 ビジョンをスタートとして、皆の行く方向に企業の方針を作るか、「人の行く裏に道あり花の山」でゆくか?、ドラッカー流に、「顧客を創造する」ことに突き進むか、誰も知らない未来の選択である。

 今回、2013年版ビジョンが作られた背景は顧客の日本から海外への移転の大きな動きへの対応という、大問題のとらえ方。事実は明らかだが、答えは、・・・ない。、
 未来を予測できるものはいない。企業は、自らのリスクで、将来を予測しそれに賭ける、リスクを取るもの。
 リスクを取らない手堅さとは、現状が継続するという予測を採用するのと同じで、それこそが最大のリスクになると、ドラッカーは言うだろう。
素形材 2013年11月号(Vol.54 No.11) 特集 鋳造業の海外展開の課題と期待
素形材センターによる、インドネシア、タイ、ベトナムの鋳造事情や現地進出日本企業の状況紹介特集号です。ほとんどの論文はPDFダウンロードできます。
月刊誌 素形材 ピックアップ・・論文等の紹介目次
産総研のハイテクものづくり(渡邉政嘉)(PDF)
ひとにやさしいものづくり デジタルヒューマン技術
インドネシア素形材ミッションについて(菊田逸平)(PDF)
 

------------------------------------------
堀琢磨さん(元経済産業省素形材産業室課長補佐)の下記の執筆資料は鋳物に携わる人には、大いに参考になります。
インドネシア鋳造産業集積地における新潮流と、専門家を輩出する教育機関について
素形材に関する長寿企業及び伝統的工芸品について(PDF)
彦根バルブ産業集積地における中小メーカーの有機的連携(PDF)
~立地条件を克服して比較優位を築いた地場産業~
優れたモノ作り中小企業経営の共通点と工業団体の取組み(PDF)
~知恵は全国にある
一貫生産と協業により独自の発展を遂げた鳥取県の鍛造・プレス・熱処理・金型産業(PDF)
鋳鍛造業と産業観光 ~鋳鍛造業界における広報活動~(PDF)
地方自治体における鋳造関連産業振興策(PDF)
鋳造工学会・鋳造協会の大会を契機に知事主導の島根県の鋳造関連産業振興協議会へ
インド鋳造展示会におけるジャパン・パビリオンの設置について

関係官公庁・鋳造関連団体・近隣組合

経済産業省製造産業局素形材室 (国の鋳造業政策立案担当セクション)
雇用調整を行わざるを得ない事業主の方へ  (厚生労働省の中小企業支援策一覧)
中国経済産業局 (国の中小企業支援策など)
公正取引委員会中国支所  (取引ガイドライン普及や不公正取引防止など)
 
一般社団法人日本鋳造協会
 (重力鋳造法による鉄系・非鉄系・鋳造機械や原材料副資材の鋳造関係事業経営者団体)
 ・一般社団法人日本鋳造協会 会員一覧 
 ・一般社団法人日本鋳造協会中国四国支部
 ・広島県鋳物工業協同組合・ひろしまたたら会
 ・福山地方鋳造工業協同組合・鋳友会
 ・岡山県鋳造工業協同組合
  ・岡山鋳友会 (岡山県の鋳造関連企業の青年部として平成22年活動開始)
 ・島根県銑鉄鋳物工業組合
  ・島根県鋳造関連産業振興協議会
 ・愛媛銑鉄鋳物工業団地協同組合
 ・香川県銑鉄鋳物工業組合
 ・全九州銑鉄鋳物工業組合
日本鋳物中子工業会
日本鋳造機械工業会
 
公益社団法人日本鋳造工学会
 ・公益社団法人日本鋳造工学会中国四国支部
 ・公益社団法人日本鋳造工学会関西支部

中国四国の県工業技術指導機関

岡山県工業技術センター
 ※岡山県と、中国四国地域の工業指導機関保有設備情報
  機関により技術相談や最新の分析機器の利用や操作指導も可能、活用例あり。
広島県立総合技術研究所
 ・広島県立総合技術研究所 東部工業技術センター
 ・広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター
広島市工業技術センター
山口県産業技術センター
島根県産業技術センター
高知県工業技術センター

岡山県の中小企業指導機関

岡山県庁 
岡山県中小企業団体中央会 
平成19年4月1日施行組合法改正の要点
岡山県産業振興財団 
岡山商工会議所 
岡山商工会連合会 
岡山市の中小企業団体
社団法人 岡山工業会

協同組合運営で役立つサイト

●組合事務関係
総会と総会後の事務処理 兵庫県中央会の説明資料。

鋳造で役立つ情報・資料サイトのご紹介

鋳造の日本の産業分類コード 一般社団法人日本鋳造協会
鉄や非鉄など原材料の市場情報 日刊市況通信
鉄屑や非鉄屑などの価格資料 日刊市況通信

鋳物の勉強 基礎・基本・鋳物の製品イメージ

鋳物製品のご案内 あなたの身近な鋳物たち
 日本鋳造協会のHP 機械の中の鋳物の写真や説明、身近な鋳物の例もあります。
鋳物ができるまで 鋳物はこうしてつくられる
 一般社団法人日本鋳造協会のHP わかりやすい図での解説。
●鋳造工学会関東支部HPの「誰でも分かる技術
中江先生や石原先生が執筆された、鋳造技術の解り易い解説です。少しレベルが高いのですが、鋳物屋の業界の常識が、「なぜそうなっているのか」「どのような方向に物事を考えたらよいのか」を学ぶには最適です。FCDやFCの強度を制御するには、何をどうしたら、どうなるから、などが解り易く解説されています。
鋳物の話
 福田博商店さんのHP 作り方、材質、書籍などがあり解りやすく鋳物の基礎勉強に最適です。
いものびと講座
 浅井鋳造所さんのHP 作り方、材質、強度、状態図などがあり鋳物の基礎が勉強できます。
いもののおはなし
 鈴木金属工業さんのHP 鋳物の歴史や、職人さん的な作り方の実際がよく解ります。
Web鋳物なんでも館
 アイシン高丘さんのHP 鋳物の歴史や作り方などかなり専門的な力作。
鋳物ギャラリー
 鋳物の街川口の組合の鋳物の写真集。しばしほっとしてみませんか?
バーチャル鋳物博物館
 日本鋳造工学会の身近な鋳物の写真集。道路にあるマンホールの蓋や下水道の蓋,街路灯,街路樹の根元カバー,門扉,塀,郵便ポスト,消火栓等

取引条件の改善や各種相談に役立つサイトのご紹介

下請適正取引等の推進のためのガイドライン (中小企業庁 各業界版あり)
鋳造品取引基本契約書 (一般社団法人日本鋳造協会版)
J-Net21(中小企業基盤整備機構が運営する、中小企業のためのポータルサイト)

労務・人事で役立つサイトのご紹介

日本の人事部 人事・労務に関する書式・相談事など
すぐ役に立つ、書式のダウンロードは助かります。匿名相談Q&Aは社労士などの専門家の回答が多く役に立つ。
賢い女性が二人いると会社は伸びる 中神 公子/著 致知出版社
 あなたの会社の女性社員を賢い女性に育てる方法
 さまざまな企業で営業・販促におけるコンサルティングやプロデュース、社員研修などをしている人気講師である中神氏が、女性社員を部下に持つ指導者たちを対象に「賢い女性を育てるための教え」を説いた一冊。(以上アマゾンより引用)

 男性には気が付きにくい、「男性」と「母性を持つ女性」の基本的性格と特徴の違い、新入社員の教育指針、社員の採用判断、上司の役割と部下の役割、会社の仕事の判断基準、など男性女性両方に参考になることが多く、この問題で悩んだ経験のある上司に役に立ちそうな内容。筆者は事業経営者でもあり、内容は膨大な実績の裏付けがあるようだ。

非常時・防災で役立つ情報サイトのご紹介

●内閣府 企業防災計画の指針(防災と、事業継続を併せた新しい指針)
●国土交通省防災情報センタ(道路・河川・洪水・累積雨量など豊富な情報)
●気象庁 防災気象情報(地震情報・天候レーダーやアメダスや潮位など)
●中小企業庁のBCP(事業継続計画)の運用指針
●世界の海抜標高区域表示地図と、特定場所の標高表示地図

経営に役立つ知識

事業承継

 事業は継続しなければならない。そのために経営者の代替わりである事業承継は避けて通れないものです。
 事業は、社会に役立つことで存在し、経営意思(経営理念)・資産(モノ・金・人・顧客・取引先・地域)・経営の継承が必要です。

 事業承継は、単に資産や社長のイスを引き継ぐものではなく、引き継がれる方の資質・意志・育成・資産の準備など、長い時間が必要なことが多く、さらに株主層とその親族・銀行・顧客・取引先・同業者・従業員などの事業とその周辺の関係者の合意形成も重要であり、十分な準備期間が必要です。

 しかし、我が国では、現代表者の交代を意味することでもあり、「縁起でもない」「親族間の利害対立などが面倒だ」「後継者がいない」などの理由で、実際に着手することには気が進まない代表的な案件でもあります。

 本件は、慎重に取り扱うことが必要でもあり、風評被害の防止も重要な側面です(廃業するんだってなどのうわさが流れやすい)。

 中小企業庁は、この問題に本格的に取り組んでおり、各県や全国8カ所のセンターで、相談に応じる体制を整備しています。

 いずれにしても、本質的に税務(税理士・公認会計士)・法律(弁護士・公証人役場・司法書士)・財務(銀行・保険等の専門家)・顧客や信頼できる外部の機関に相談することが必要な課題であることを認識し、一人だけで悩まず相談できる専門家チームを作って、早期に着手することが大切です。

中小企業庁の事業承継サイトに学ぶ
中小企業庁:事業承継ガイドライン 20問20答 は、問題の構造、全体像、必要な対策の方向、具体例が豊富で、出色の出来です。悩んでいる人は、ぜひ、一読してみてください。
・中小企業庁の財務サポート「事業承継」は、税制・認定・相談などの総合窓口
「事業引継ぎ相談窓口」・「事業引継ぎ支援センター」には、全国の相談窓口や支援センター情報があります。
事業承継の参考書籍
実例+Q&A 親族「内」事業承継  グラントソントン太陽ASG税理士法人 (著)
静岡の事業引継ぎセンタの方が推奨するベスト図書です。事業承継の全体の考え方がまとまっています。事業承継が長い時間が必要なことが良くわかる内容。お奨めです。
事業承継の障害の「経営者の融資保証制度見直し」の動き
 日本の金融慣行である、中小企業への融資に経営者の連帯保証をつける制度は、株式会社など有限責任法人経営者(社長)に、実質的に無限責任を上乗せしたものです。

 事業経営は、創業者もいれば、代々事業を引き継いできた人もおります。また、事業の背景の変化により破綻することも良くある話です。企業の破綻には様々原因があり、火災や天災や有力な取引先の破綻による連鎖など、経営者の責任と一概には言えないものもあるのです。

 経営者ならば、経営責任があるというのは当然ですが、問題は企業融資金額規模に対して個人の資産規模が対応していないため、実質的に企業破綻が経営者の個人破産と連動し、裁判所が法に基づき経営者と家族が住む家などを含む全資産をわずか90万円程度を残し没収するという一律の非人道的な取扱いにあります。

 従業員を養い、顧客や地域に役立っていた地域の功労者とその家族を経営破たんに伴い国内難民として路上に放り出すという内容です。

 通常、経営者が交代してもその借金が全額返済されるまで保証が継続されます。経営者の立場を引き受けることによるリスクがあまりにも大きく、先々を考える人ならば躊躇してしまう内容なのです。優秀な人ほど、経営者になることを敬遠してしまう制度になっています。

 中小企業の事業承継者不在が7割にも上るとか、優秀な人を経営者に迎えることが困難な原因ともなっており、我が国の新規起業の低調さの一因ともなっています。

 日本鋳造協会では、鋳造産業ビジョン2013のアクションプラン(3-1-② p20)で、制度の問題点を指摘して改善のための働きかけを行うことになりました。

 2013/12月の日経の政府の取り組み開始記事紹介サイトで解説されているように、政府がこの問題に正面から取り組む姿勢を見せたことは大きな進歩ですが、実際に機能するまでには、まだまだハードルが高そうです。

経営の基礎

会社存続と資金繰り
 会社存続の意義と、資金繰りや先行管理の重要性について。赤字でも黒字でも資金が続けば会社は存続できるが、資金が尽きると破たんする。
特に、2013/03の金融円滑化法期限切れが、どのように影響するかが懸念されるとのことです。
 会社存続の秘訣を、高畑省一郎先生の講演(2012/10/01日本公庫岡山支店)内容に学ぶことは、現在極めて意義あることと考え、先生のお話の充実した内容をベースに関係する内容をサブページにまとめてみました。
改正労働契約法 その概要と対策検討の必要性
 労働契約法が改正されました。特に有期雇用契約に関しては、大きな影響のあるため、その研究と対策が必要です。
 人を事業で利用する場合、通常の雇用契約によるものと、雇用契約以外の請負・派遣・出向があります。
 似ていますが、派遣と出向とは雇用契約があるかないかなどで重要な違いがあり、制度の利用に当っては就業規則で明確に規定しておくことが必要になります。
●厚生労働省のHP 労働者派遣法の改正解説集 施行H24.10.1
 平成24年10月1日より労働者派遣法改正法が施行されました。重要な変更点があり、派遣を利用している企業や、今後利用を考えている場合は内容理解が大切です。厚生労働省の派遣元や派遣先企業への解説
 日雇派遣の原則禁止、グループ企業派遣の8割規制、離職後1年以内の人を元の勤務先に派遣することの禁止、マージン率などの情報提供派遣料金の明示、待遇に関する事項などの説明、派遣先の都合で派遣契約を解除するときに講ずべき措置、有期雇用派遣労働者の無期雇用への転換推進措置、派遣労働者が無期雇用労働者か否かを派遣先への通知事項に追加、均衡待遇の確保(以上はH24年10月1日施行)、
 労働契約申込みみなし制度(平成27年10月1日施行)。
●経営って何すること? ドラッカー研究者の上田惇生に学ぶ
一冊を選ぶなら『マネジメント基本と原則 [エッセンシャル版]』がお勧め
●経営者の心のあり方 稲盛和夫に学ぶ
・「稲盛和夫の実学―経営と会計」 稲盛 和夫 (著)
・「稲盛和夫とJALの再建」
 カンブリア宮殿(ビデオ) 日本航空は再び大空を舞うか?!
 日経ビジネス記事「破綻して初めてJALの社員になれた気がする」
●経営には複式簿記による収支の把握が必須
・複式簿記の基礎理解はウィキペディアが簡潔
・収支把握の基礎技能 簿記のお勧め
・複式簿記って何?  簿記の実際
・鋳造製品の原価検討 鋳造の原価の考えかた
●パソコンを使いこなそう
・仕事に使う代表的なソフトの特徴を簡易に解説 仕事で使うIT技術・技能
・受注と販売、生産実績、品質状況、設備管理など現状の把握は、データベースソフトの仕事です。
●起業マインドを学ぶには まずは本で読めます 推薦図書リスト
・「金持ち父さん貧乏父さん」、ロバート キヨサキ (著)  起業家や社長の心の原点、日本でもベストセラーになった。
・「となりの億万長者―成功を生む7つの法則」 トマス・J・スタンリー、ウィリアム・D. ダンコ アメリカの億万長者を調査した結果の意外な事実
・「なぜ、この人たちは金持ちになったのか - 億万長者が教える成功の秘訣」 トマス・J・スタンリー アメリカでも日本でも共通の価値観があった。
・「学問のすすめ」 福沢諭吉 明治以後の日本の文明開化を支えた日本人の能力開花の原点はここにあった。今でも過激なほど新鮮な提言を読もう。
・「小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密 」 ピーター・シムズ (著) 事業で成功するための基本戦略は意外なところにあった。事業の成長には天才・秀才不要!
・「はじめの一歩を踏み出そう」 マイケル・E・バーガー なぜ多くの起業が失敗に終わることが多いのか、全米ベストセラーに学ぶ経営の基本。職人・マネージャー・起業家の違いと役割、事業の捉え方と伸ばし方など示唆に富む内容。経営者のするべき仕事がわかる大事な一冊。
・「ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則 」ジェームズ・C・コリンズ いろいろな分野で長い年月に耐えて生き残った世界的な超すばらしい企業と、同分野のすばらしい企業を比較対照する方法で、違いを調べた結果は、世の常識とは異なることばかりだった。学問的な厳密さに支えられた読みやすいベストセラー。
●人と人をつなぐわざ コミュニケーションとは
 事業は人なり。世の中で成功するために最も必要なのは「人とうまくやっていける能力」だということです。とすれば人と人をつなぐ「コミュニケーション」は、とても大切な事柄ですね。
ドラッカーのコミュニケーションの考え方(例)
 コミュニケーションは、単なる情報伝達ではないこと、情報を伝達しても、コミュニケーションにはなっていないことが分かります。
・「子どもの話にどんな返事をしてますか? 」―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる [単行本] ハイム・G・ギノット (著)
 親と子の心の通わせるための方法や考え方を丁寧に解説、上司と部下のコミュニケーションを考える時に大切な観点を提供してくれます。もちろん、親と子の関係改善にもとても役に立ちます。
会社の組織風土改善
 2012ロンドンオリンピックでは、団体競技のサッカーなどで日本は大活躍。会社がチームで顧客に対する貢献を競いあう競技だとしたら、協力し合う会社と、反目しあう会社の勝敗は明らかですね。

 労使対立し・上司と部下が相互不信し・人と人や組織と組織が相互にけん制し合い、責任回避・問題隠し・情報遮断などの大きな壁になると、会社が傾くことになり勝ちです。
 この問題を改善する考え方やプロセスが「会社組織の風土改善」といわれるものです。スコラ・コンサルト発行書籍には、多くの改善の取り組み事例が紹介されています。ドラマ風にまとめているものもあり、読みやすい。以下数例をご紹介

[衰退産業]崖っぷち会社の起死回生 遠藤咲子著(日本経済新聞出版社)
 成熟企業にもまだまだ成長の「伸びしろ」はある。崖っぷちから復活するために経営は何を見直したのか?
 衰退産業の子会社トップが「あきらめの縮小計画」を捨て、事業と戦力(人・風土)の両輪改革で、社員と一緒に会社を蘇らせていくプロセスを描いた再生のドラマです。

 山積する問題ばかりに目を向けるのではなく、自社の「強み」を徹底的に探ってポテンシャルを引き出す。市場創造と戦力強化を一体で進めるマネジメントで現場のブレイクスルーを生み出す。経営課題の先送りをやめて利益体質をつくる。判断基準を「顧客本位」に変えることで成熟市場を掘り起こす。ないない尽くしの会社に潜む「回生の底力」を呼び起こす改革をストーリーと解説で紹介しています。(スコラ社の記事引用)
柴田昌治 会社を変える人の味方のつくり方 日経ビジネス文庫
 仕事をする人の良い人間関係のつくり方を教えてくれる。

 筆者は、80年代後半から企業風土・体質改革のコンサルティングに取り組む。変化を妨げている価値観を変えながら変革のプロセスをつくり込んでいく「プロセスデザイン」というやり方が特徴。社員が主体的に人と協力し合っていきいきと働ける会社をめざし、社員を主役にする「スポンサーシップ経営」を提唱、支援している。スコラ・コンサルトのプロセスデザイナー代表。

 プロセスデザイナー代表 柴田昌治からのメッセージ
 私たちスコラ・コンサルトがその使命としているのは、第一に、組織の中で働く人間が自ら働きがいをもって仕事ができる環境をつくることのサポートです。二つ目は、その組織が社会的な使命を果たすこと(組織が会社である場合は、業績を良くすること)のサポートです。 「組織の風土や体質を変えていく」というのは、言い換えれば、お互いに協力し合いながら仕事をしていくのが当たり前の環境をつくることです。そして、その結果として業績も上がってくるのです。

 柴田昌治: まだまだ世の中には、働きがいとは無縁の仕事をしている人が圧倒的に多いのが現実です。働きがいをもつなど甘いことを言っていると儲からない、と本気で信じている人は少なくありません。この現実を打開するには、“そうではない”という事実を積み上げることが一番です。そして、それが社会的に一定の割合に達したとき、働きがいをもって仕事をしていないことが異常、と言われるときがくるのだと思います。 私たちスコラ・コンサルトはそのときまで、一歩一歩、働きがいと企業の業績の双方を実現し続けていきたいと考えています。
『スコラ式風土改革 現場の「知恵」が働くチームイノベーション』 源明典子著(日本経済新聞出版社)
 以下近刊のご案内より引用紹介

  効率化が進み業務量も増えて多忙をきわめる一方で、新しいものを生み出していく気力と体力を失いつつある知的生産職場。知恵の源泉である「人」を回復して、本来の価値創造する力を発揮するためには、どのような手を打てばいいのか。
 プロセスデザイナーによる〈スコラ式風土改革〉シリーズ第2弾は、技術・開発部門など知的生産職場の「イノベーションを生み出す知恵とチームワーク」がテーマです。

 机上のプランを練り上げるのではなく、リアルな実行の現場で直面する矛盾や制約と戦いながら知恵を出す「イノベーションワーク」のための環境、チーム、シチュエーションをどのようにつくるのか。
 風土改革アプローチによる有機的なチームワークを、さらに「現場の知恵」を焦点にして発展させた「チームイノベーション」の実践のプロセスを、じっくりと3つの事例でご紹介します。

   アマゾンのレビュー例紹介: 2009/7/2 By 1-Day MBA
  実践の事例が盛りだくさんで参考となる。 今の時代、多くの企業や組織は、本当に「現場の知恵」を必要としていると思います。でも、どのようにしたら、その「知恵」が出てくるのか、分からないし、また、実践の仕方に悩む人達も多いと思います。そのような人達に、具体的な事例で、イメージしやすく、また参考にしやすく、まとめられています。また、イラストも多く分かり易い。

サブページ・過去頁・資料等

素形材政策論文紹介コーナー
鋳造紹介パンフレット「鋳」11M
簿記のお勧め簿記の実際
鋳造の原価の考えかた
仕事で使うIT技術・技能
会社存続と資金繰り
「企業と予防法務」「期間雇用者の労務管理と改正労働契約法」
厚生年金基金の最近の課題
ニューストピックス記事掲載
過去のNewsやお知らせ

News

2016/7/20
7/15組合研修会・ビール会報告掲載
2016/3/22
3/16組合員企業見学会報告
2016/1/25
1/23組合賀詞交歓会報告
2015/11/24
11/13-14組合見学旅行報告掲載
2015/7/31
7/27の組合情報交換会・懇親会報告掲載
2015/6/24
組合行事日程決定分掲載
2015/5/24 定期総会等報告・年次計画掲載
総会・経営交流会・懇親会報告
2015/5/9 お知らせ掲載
・5月から再生エネ賦課金倍増
・組合定期総会 5/23
・たたら会 6/6
2015/04/03
取引ガイドライン2015/3月改訂版公開
2015/3/10
H26補正予算省エネ補助金応募詳細公開
2015/2/16
H26補正ものづくり・省エネ補助金等情報
組合HP移転しました
2015/2/3
昨年秋の研修旅行・年初の賀詞交歓会報告等掲載
2014/06/03
組合総会報告掲載
2014/04/26
理事会報告と総会予定等更新
2014/04/04
中国電力電力単価推移資料紹介
取引ガイドライン改定紹介
2014/03/13
3/11の組合員企業見学報告掲載
2014/01/28
20140125組合の理事会・賀詞交歓会等開催報告
20140123組合役員岡崎浩さん日経紹介記事掲載
2013/12/18
2014年度に新しく計画されている中小企業支援策一覧
2013/12/09
組合の新年賀詞交換会のお知らせ
生産性向上設備投資促進税制について掲載
経営者の融資保証問題について掲載
2013/11/06
組合の熊本見学旅行報告
2013/10/16
雇用調整助成金の制度が2013/12/01から変わります。
2013/08/23
事業承継のベスト書籍紹介
2013/08/09
経営に役立つ知識に事業承継を掲載
2013/07/30
8/24組合理事会交歓会予定
7/22協会中国四国支部設立
③鋳物技術「誰でもわかる技術」紹介
2013/07/19
鋳造協会2014年度鋳造カレッジ受講希望調査表掲載
2013/05/27
組合定期総会・理事会等報告
2013/05/24
日本鋳造協会中国四国支部HP立上
2013/05/20
協会通知の中小企業庁施策案内
2013/04/29
新素形材産業ビジョン説明会
中央会の円安緊急調査アンケートのお願い
中小企業協同組合法改正要点
2013/04/15
労務の役立ちサイト「日本の人事部」
賢い女性が二人いると会社は伸びる
2013/04/14
脱Mn処理見学会案内掲載
組合見学会(武田鋳造)報告掲載
2013/04/12
素形材政策論文紹介コーナー
2013/04/10
新素形材産業ビジョン公開掲載
岡山労働局からの周知文書
2013/04/06
IT役立ちソフト内容追加
2013/04/03
クラシキ機工の記事が中央会おかやま4月号掲載
2013/03/30
メインページ容量が小さいので、別サイト開設し、書庫活用開始。
2013/03/15
国の中小企業金融支援策リンク集開設
2013/01/27
01/26の組合賀詞交歓会報告
JFS 若手経営者全国大会案内
2013/01/21
1/26 組合臨時総会開催のお知らせ(賦課金改訂)
日本鋳造協会中国四国支部設立準備委員会発足のお知らせ
2013/01/10
中四国組合合同忘年会報告
2012/12/07
2013賀詞交歓会と組合理事会のお知らせ
2012/11/29
岡山と福山の青年部の交流会実施報告掲載
2012/11/25
組合ニュース配信方法変更
2012/11/20
ニューストピックス別ページ掲載
2012/11/14
愛知県企業見学旅行報告
2012/10/31
中四国組合合同忘年会のお知らせ
会社存続と資金繰りに蛇足でコンサルタント追加
2012/10/23
サブページを右メニューに掲載
会社存続と資金繰り掲載。会社存続には資金繰りと先行管理が大切
2012/09/26
組合の秋の行事予定掲載
2012/09/10
写真取り扱いソフト紹介(ファイル名一括変換や、写真一括縮小など
2012/09/09
源明典子 スコラ式風土改革 現場の「知恵」が働くチームイノベーション 紹介
2012/09/08
予防法務で、法律と罰則関係改定掲載
2012/09/01
厚生年金基金の問題解説を掲載
2012/08/31
柴田昌治 会社を変える人の味方のつくり方 紹介
2012/08/29
8月24日県内高校教諭と組合との交流会概要と写真掲載
2012/08/27
8月25日組合研修 講演概要(改正労働契約法)掲載
2012/08/14
会社の組織風土改善(経営に役立つ知識)掲載
コミュニケーション(経営に役立つ知識)掲載
2012/07/24
リンクマップに厚生労働省の雇用関係支援ページ紹介
2012/07/11
鋳造紹介パンフのネット公開・山陽新聞記事紹介
2012/07/05
教育訓練部会からのお知らせ
教育訓練風景写真掲載 7/3 簿記基礎 大変好評でした。
2012/06/09
経営に役立つ知識に、起業マインドに役立つ本をご紹介
2012/06/05
当組合事務所移転のお知らせ
2012/05/27
組合総会・懇親会の報告
2012/05/22
組合HP立上げ1年経過により、過去分を別ページに整理
2012/05/21
教育訓練部会からのお知らせ
4月25日に教育訓練部会発足。
2012/05/12
組合員紹介用HP公開
2012/05/04
経営に役立つ知識に、仕事で使うIT技術・技能を追加。
H24年賀詞交換会の記念写真を掲載

HP作成関連サイト 感謝!

ホムつく講座
最新のホームページ造り方をゼロから勉強にお勧め、とにかく簡単!
CoolWebWindow
無料CSSテンプレート、著作権表示や報告義務なし、XHTMLとCSS方式、簡潔でカスタマイズやメンテナンス容易、このHPもここのテンプレートを利用して作りました。
●HTMLエディタ
HTMLやCSSの作成や編集は、使いやすいHTMLエディターが最適。
ez-HTML(ver7.6以降)
最近評価が高い。豊富な機能があり、複数ファイルを一括して管理できる。このサイト管理に活用中。
Crescent Eve
軽快、タグ範囲表示、文法チェック表示、ブラウザ表示、但し戻る機能なし、チェック向き。
●エディタ
単純なエディターも無ければ仕事にならないくらい便利。日本育ちで米国で高評価のemeditor(有料)、フリーソフトでは、サクラエディタ(一式完備、htmlの構造解析機能あり)、noeditor(文章比較機能あり)など優秀なものが多い。意外にもプロほど、必須の道具として使っています。
エディターの機能として、文字部分だけの抽出機能があります。HPやワードやエクセルの表示やハイパーリンクなどの部分が邪魔になることがよくあるのですが、そのようなものを扱えないエディターに貼り付けることで、文字情報だけを取り出せることになります。